AWS

Amazon EC2リザーブドインスタンスの新料金体系(2014年12月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Amazon Web Services

2014年12月4日
新料金の計算方法について、コメントでご指摘いただきました。ありがとうございます。
一部、誤解していた点があったため、記事を修正しました。

本日、AWS EC2のリザーブドインスタンスの料金体系がリニューアルされました。
まだ日本語サイトの方は料金体系の情報が更新されていないようです。

そもそもリザーブドインスタンスって?

リザーブドインスタンスとは、AWSの料金プランの1つで、前払いで料金を支払うことで時間あたりの料金が安くなる料金システムです。
通常、AWS EC2はオンデマンドインスタンスという、利用時間に応じて従量課金される料金システムですが、長時間利用する場合はリザーブドインスタンスのほうが安くなります。Webサーバーなどの用途には、おすすめの料金プランです。

どんな料金体系になったの?

リージョン、OS、スペック、契約年数によって料金は変わります。ここではUS East(N. Virginia)リージョン、Linux、t2.micro、1年間契約についてご紹介いたします。その他の料金についてはこちらでご確認ください。
http://aws.amazon.com/ec2/purchasing-options/reserved-instances/

さて、気になる新料金体系はこちら!

Amazon EC2リザーブドインスタンスの新料金体系

「No Upfront」「Partial Upfront」「All Upfront」の3つのプランで構成された新料金体系


ご覧の通り3つのプランで構成されています。

プラン区分前払い金月額金(参考:時間単価)
No Upfront$0$6.57($0.009 /1 時間)
Partial Upfront$51$2.19($0.0088 /1 時間)
All Upfront$75$0($0.0086 /1 時間)
No Upfront
前払い無しのプラン。前払いで一括で支払う料金はゼロ!その代わり月額で$6.57の料金が請求されます。
1年使い続けた場合、1時間あたりの単価は$0.009で、通常のオンデマンドインスタンスより31%オトクだそうです。
Partial Upfront
一部前払いのプラン。前払いで一括で支払う料金は$51。それに加えて月額で$2.19の料金が請求されます。
1年使い続けた場合、1時間あたりの単価で$0.0088で、通常のオンデマンドインスタンスより32%オトクだそうです。
All Upfront
全額前払いのプラン。前払いで一括で支払う料金は$75。月額の料金はゼロです。
1年使い続けた場合、1時間あたりの利用で$0.0086で、通常のオンデマンドインスタンスより34%オトクだそうです。

以前の料金体系と比べて

以前の料金体系は下記のようになっていました。同じくUS East(N. Virginia)リージョン、Linux、t2.micro、1年間契約のときの料金です。

プラン区分前払い予約金従量課金
軽度使用 (light utilization)t2.microでは取扱いなし
中度使用 (medium utilization)$42$0.006 /1 時間
重度使用 (heavy utilization)$51$0.003 /1 時間

以前の料金体系は、前払いで予約金を払うことで、従量課金が安くなるシステムでした。
今回の新料金体系では、従量課金が無くなり、前払い金と月額金のみになりました。つまり、利用時間にかかわらず料金は一定ということです。

  • 新料金体系で1年使った場合

    All Upfront
    前払い金$75のみ
    Partial Upfront
    前払い金$51 + 月額2.19 x 12ヶ月 = $77.28
    No Upfront
    月額6.57 x 12ヶ月 = $78.84
  • 以前の料金体系で24時間365日使った場合

    重度使用 (heavy utilization)
    予約金$51 + $0.003 /1時間 x 24時間 x 365日 = $77.28

したがって、フル稼働させる用途ならば同等くらいの金額かなぁと思います。

しかし、従来の軽度使用と中度使用に相当するプランは無くなってしまいましたね。
そういう用途には、オンデマンドインスタンスかスポットインスタンスを使えということなのでしょうか。。

新料金の計算についてコメントでご指摘いただきました。ありがとうございます。
下記部分を訂正いたしました。

試しに新料金体系のAll Upfrontで24時間365日使った場合を計算してみよう。
$75 + $0.0086 /1時間 x 24 x 365 = $150.336

次に、以前の料金体系の重度使用で24時間365日使った場合。
$51 + $0.003 /1時間 x 24 x 365 = $77.28

あれ、あれあれ??
2倍も値上げしてるってこと??いやまさか、私の理解不足かもしれません。
ちょっと調査して続報を書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. こんにちは より:

    新料金体系のAll Upfrontは、年間$75のみ(月額0円)じゃないですかね?

    $75 ÷ 365日 ÷ 24時間 = $0.0086/1時間

    私も最初料金表を見たときは、旧料金体系の$0.003に対してかなり高くなってないか?と思っていましたが、どうやら$0.0086にはupfrontの料金も含まれていると思いました。

    旧料金体系も同じようにupfrontを含めて計算すると、

    $77.28 ÷ 365日 ÷ 24時間 = $0.0088/1時間

    という感じで、partial upfrontと同じになるようです。

    1. hoerin より:

      コメントいただき、ありがとうございます!
      なんと時間課金がなくなったのですね。概念が大きく変わり、以前の料金体系と一対一で対応するわけではなくなりますね。
      まさかの値上げ?とも思いましたが、同等料金のようで安心しました。
      さっそく記事を修正させていただきました。

コメントを残す

*