WordPress

PostgreSQLを使用してWordPressをインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WordPress

こんにちは!
今回、データベースにPostgreSQLを使用した環境に、WordPressをインストール方法についてご紹介します。

WordPressはデータベースにMySQLを使うことを前提としています。
しかし、僕のように既にPostgreSQLを使っていて、WordPressのためにMySQLなど入れたくない!という人も多いかと思います。

同じようなことを思っている人が世界にたくさんいるようで、WordPressでPostgreSQLを使うためのプラグインが公開されています。

PostgreSQL for WordPress (PG4WP)
https://wordpress.org/plugins/postgresql-for-wordpress/

今回、このプラグインを使って、PostgreSQLでも使えるWordPressをインストールしていきます。

1. WordPressをダウンロードしましょう

なお、今回は最新のバージョン4.0をダウンロードしていますが、現時点でPG4WPプラグインが公式にサポートしているバージョンは3.4.2までです。
実際にはそれより新しくても動いたりするようですが、確実に運用したい方はサポートしているバージョンを使うと良いです。
後述しますが、バージョン4.0ではインストール完了画面で少しだけエラーが発生します。(いまのところそれ以外は問題無し)

wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.0-ja.zip

2. WordPressを解凍

unzip wordpress-4.0-ja.zip
rm wordpress-4.0-ja.zip

3. WordPressのコンフィグファイルを作成します。

wp-config-sample.phpにテンプレートが記載されているので、wp-config.phpにコピーして流用しましょう。

cd wordpress/
cp wp-config-sample.php wp-config.php
vi wp-config.php

4. データベースの設定をします。

wp-config.phpから下記の部分を見つけてください。
MySQLと書いてありますが、PostgreSQLの設定を入力してOKです。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here'); </code>

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

私の場合はこんな感じになりました。

// ** Postgre SQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress_db'); </code>

/** Postgre SQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpress');

/** Postgre SQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '********');

/** Postgre SQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

5. 認証用ユニークキーを設定します。

認証用にキーを入力します。
なんでもOKですが、下記のページで自動生成してくれるのでコピーしましょう。
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

これらのキーはセキュリティ上大切なので、流出しないように気をつけてください。

/**#@+
* 認証用ユニークキー
*
* それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
* {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することも&gt;できます。
* 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログ&gt;インさせることになります。
*
* @since 2.6.0
*/
define('AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY', 'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT', 'put your unique phrase here');

↓のようなキーが自動生成されるのでペーストして置き換えます。

define('AUTH_KEY',         'WSi[V$S-eC8!=0:?bw<|yfilN?28Wa7&z]wK%SdNF/g;<X^J{s=Rol%Cq#U;0Uz&');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'jk**EL!=!CQO2y!`UOi/&-5HHcqfd=Ud-Fv$n0ljh%iCUE GEL 2l&P}Fhv#mJN+');
define('LOGGED_IN_KEY',    'Y:kbh[z|196uq(J@J@FTwXO~Q?cMfu*y]%@vr*pocB&j1JH28fo#9:4FtDxE(41*');
define('NONCE_KEY',        '@:5=Z)9fEg9$+$yk+v9? 6?ysvzs_EMnH+h+F5]:%*rcIAY;?|FpNr(4}U /X@_`');
define('AUTH_SALT',        'q@uVP`X4K-K8h[jI$6F1R`2OB`&q/0CgP,Z=e Y|u7-&!Mao.F8|BpVBa F,X@Ag');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'Vq7]v02#d}.3 }dz+SSVa7fhm6B&-+Ku.UT,8SWsCr()RW@+Q$nM%N PDJs>[m*u');
define('LOGGED_IN_SALT',   'pSJmn?7=o&PT{.YLR5lue)Y%d2wF|1@d)7>-lm[-AXgERDF<LMF>7LRSG&,0@XYJ');
define('NONCE_SALT',       '%U# j7AVV%yF[[,%9;`,CRt=P?8ivj[itMlk<n1U_E9sT!E[_QKII9vh/^<mW>C4');

5. PostgreSQLに対応させるプラグイン(pg4wp)をインストールします。

cd wp-content/plugins/
wget https://downloads.wordpress.org/plugin/postgresql-for-wordpress.1.3.1.zip
unzip postgresql-for-wordpress.1.3.1.zip
rm postgresql-for-wordpress.1.3.1.zip
mv postgresql-for-wordpress/pg4wp/ .

6. (データベースを作成していなければ)DBを作成します。

sudo su - postgres
createdb wordpress_db
logout

7.(DBのユーザーを作成していなければ)DBユーザーを作成します。

-P: パスワードを付与する
-E: 暗号化してパスワードを記録する

createuser -P -E wordpress

8. wordpressのインストールを完了させておしまい

ブラウザでに下記のようなURLにアクセスするとインストールページが表示されます。
http://[ドメインまたはIP]/wp-admin/install.php

インストール画面

インストール画面

無事、インストールが成功すると下記のような画面に。。
って、エラーが出てますね。どうもプラグインPG4WPが最新のWordPress 4.0にまだ対応していないようです。
プラグインが対応するバージョンを確認してから、WordPressをインストールすることをお勧めします。
(いまのところ大きな問題は起きていません。気にしないことにします。)

インストール成功画面

インストール成功?

もし、下記のような画面が表示されたら、データベースにうまく接続できていません。
wp-config.phpの設定を見直し、設定したパラメータでデータベースに接続できるか確認してください。

データベース接続確率エラー

こんな画面が表示されたら、データベースの設定を再チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*